HOME>特集>自家用車に盗聴器を仕掛けることは、探偵の仕事である

行動パターンの把握は徹底した追尾で

配偶者の不貞行為を調査する場合、まずは行動パターンを把握することからはじめます。浮気をしている人は平静を装うとすればするほど、行動パターンに一種の法則が生まれてくるものなのです。そこで、浮気調査の基本である追尾をすることで、行動パターンが浮き彫りになるのです。ターゲットが東京都内に通勤している場合、はじめは時間帯を限って追尾調査を行います。不貞行為は発生しやすい時間帯があるため、その時間帯に追尾を投入すれば、行動パターンを把握し、最終的には不貞行為の証拠をしっかりと押さえる事が可能になるのです。

自家用車に盗聴器を仕掛けることも可能

不貞行為に自家用車が使われている場合、盗聴器を仕掛けることで浮気調査を行います。盗聴器の仕掛け方というのは、すでに東京を中心に手広く調査を受けている探偵事務所にとってはいとも簡単なことです。盗聴器は技術の進歩によって年々小型化されていることもあり、ターゲットに気付かれないように仕掛けることは可能です。探偵事務所では、盗聴器の設置から回収までを行っているため、安心して依頼をすることができます。自家用車で不貞行為が行われていることがわかれば、それが動かぬ証拠となります。

広告募集中